https://www.waku-waku-work.com

仮面ライダーゼロワン ネタバレ

仮面ライダーゼロワン ネタバレ 感想 第33話

投稿日:

仮面ライダーゼロワン ネタバレ 感想 第33話「夢がソンナに大事なのか?」

仮面ライダーゼロワン 第33話 ネタバレ & 感想になります!

 

不法投棄されていたヒューマギアを不破さんが見つけ、飛電製作所に持ち込んだ。

熱血テニスコーチ型ヒューマギア『ラブチャン』・・・彼は何故不法投棄されたのか?

かつての持ち主を訪ねると・・・

 

気になる第33話です!

 

不法投棄の理由とは・・・?

電源が落ち、不法投棄されていたラブチャンを運んできた不破さん。

或人によって再び目覚めたラブチャンは契約者の息子である圭太を

プロテニスプレーヤーに育てることが夢だと語った。

 

そんなラブチャンを捨てたのは、一体誰なのか?

契約者の母親なのか?それとも息子の圭太なのか?

 

・・・・・

・・・

 

一方、刃唯阿は天津垓よりラストチャンスが与えられていた。

不破を消せという命令・・・

さらに天津垓の口から開かされる不破の過去について、刃唯阿は聞かされることとなる。

 

まさかの理由

ラブチャンと共に圭太のもとを訪れた或人たち。

そこで圭太から不法投棄の理由を聞かされることに。

 

どうやらラブチャンの電源が落ちた後、自室で保管していたようだが、

圭太の彼女が部屋を訪れた際、時々こちらを見ている感覚に襲われ、

怖いから捨てたという。

 

自主返却という選択肢もあったが、そんな理由で返却することを、

契約者の母親に話せないため、捨てるしかなかったのだという。

 

まぁ・・・わからんではないが・・・

ラブチャンとの関係が悪いわけでもないようだし・・・

だとすれば電源が入った今、このまま引き取ってもらって問題ないのか。

 

 

A.I.M.S.の襲撃

ちょうど或人たちが解散しようと外に出たところをAIMSが襲撃!

不破の過去を知った刃唯阿には憂いが見られるが・・・

それでも天津垓より最後のチャンスと言われているだけに、やるしかないのか。

 

或人と不破はラブチャンを守るために変身!

戦闘になるが、やはり刃唯阿の様子がおかしい。

 

不破に襲い掛かるも、「お前は仮面ライダーになるべきじゃなかった」と、

ベルトをはずしにかかる始末。

さらには「わたしのせいだ!」と嘆くばかり。

 

明らかに様子がおかしい刃唯阿を戦闘不能に追い込み、話を聞こうとするが、刃唯阿は撤退。

そんな刃唯阿がAIMSの車両に戻ると、味方である隊員たちの襲撃を受ける。

天津垓の差し金か。

 

これを救ったのが不破だった。

様子がおかしかったので追ってきたのだろう。

 

不破は先ほどの話の続きをはじめる。

刃唯阿は不破を仮面ライダーにしてしまったことを後悔していたが、

不破自身は仮面ライダーになったことを後悔はしていないようだ。

 

脳のチップの支配をも克服し、ザイアをぶっ潰すという強い信念が不破にはある。

思いはテクノロジーを超える・・・か。

不破らしい言葉だな。

 

ザイアを潰したあと不破はどうするのか?

不破はようやくその答えにたどり着く。

そして彼が語る夢とは・・・?



アークを地上におろすつもりなの?

滅は迅にアークを地上をおろすには滅亡迅雷の力が必要だと語った。

迅もそこには同意しているようだが・・・亡を不破の体から取り出す方法がわからないままだという。

 

滅の思惑とは別だが、亡を解放したいのは一緒ってとこか。

 

パワハラ上司からのお達し

刃唯阿は不破の語る夢を聞いたようだが、それが余計に彼女を苦しめているように見える。

そんな中、天津垓から連絡が入った。

不破を消す任務は解消され、ヒューマギアを廃棄する任務に専念しろとのこと。

 

天津垓自身の手によって不破は消すようだ。

散々負けまくってる男の言葉とは思えんなw

 

圭太の本音ww

一方、ラブチャンと地獄の特訓が再開された圭太は、ついにラブチャンがいやになり、

飛電製作所まで来てラブチャン返却を訴えた。

 

そこで詳しく話しを聞くと、どうやらラブチャンの熱血指導にうんざりして不法投棄したようだ。

電源が切れてほっとしていたが、いつまた起動して、

特訓をさせられるかわからない恐怖・・・

 

元々プロテニスプレイヤーになりたいわけではなく、楽しくテニスをやれればそれでよかった圭太。

こりゃ確かに温度差ありまくりだろうなw

 

真実を知ったラブチャンは、自身のことは嫌いでもいいが、夢は持とうと圭太に語る。

 

夢があれば、笑える未来が待っているからと。

 

「叶わない夢なんてもってどうするんだよ!」

 

それも一つの正論だが、ラブチャンに加え、熱い男不破諫までもが夢について熱く語り出す始末w

 

「おまえら、夢夢夢夢うるさい!!」

 

隠れていた刃唯阿がブチギレながら登場w

この隙に圭太逃走、それを追うラブチャンw

 

そこに天津垓と部下登場w

混沌と化してきたなぁ。

 

明かされる不破の過去・・・!

天津垓は刃唯阿に不破の過去を聞かせることで冷徹に任務にあたれると踏んだが、

結果は逆効果だった。

そこで天津垓自身が不破に直接過去について語ろうとし始めた!

 

刃唯阿は急いで不破に聞かないように言うも、どだい無理な話。

天津垓の言葉を止めることは出来ず真実が不破に知られてしまった。

 

その真実とは不破の12年前の過去・・・

これは全て植えつけられた偽の記憶だったようだ。

 

ヒューマギアが中学校を襲撃し、友達を皆殺しにした壮絶な過去は全て、

ヒューマギアに対する憎しみを植えつけるためのもの。

 

てか記憶の操作をしたってことは、不破の真実の記憶や思い出は一切消されたってことだよなぁ?

なんてことだよ・・・

 

ショックに膝をつく不破を見下しほくそ笑む天津垓。

天津垓にとって不破は道具でしかなく、その道具の有効活用のための偽の記憶というわけだ。

マジでコイツ・・・クズすぎるだろw

 

しかし、この天津垓の無神経な道具発言で、ついに刃唯阿が正気に戻る。

刃唯阿に夢はない・・・が、信念はある。

技術者としての揺ぎ無い信念が・・・!!

 

テクノロジーは人に寄り添ってこそ意味を成す。

しかし天津垓はテクノロジーで人の夢を踏みにじり、弄んだ。

技術者として決して許せるものではない!!

 

刃唯阿はバルキリーに変身し、天津垓に挑む!

天津垓もサウザーに変身し、やる気満々だ!!

 

ゼロワンは雑魚を担当!

バルキリーとサウザーの一騎打ち!!

しかし、刃唯阿は時折強い頭痛に襲われ、まともに戦えない!!

 

そんな中、絶望より立ち直った不破が変身し加勢する!!

今の不破は憎しみを拭い捨て、夢に生きる男!!

その夢とは仮面ライダー!!

 

その力でザイアをぶっ潰す!!

 

バルカンとバルキリーの連携攻撃で見事にサウザーに一矢報いる事が出来た刃唯阿!!

天津垓は敗北してなお、刃唯阿を支配下に置こうとするも、

刃唯阿もまた不破同様に、チップの支配を克服する。

 

そして最後に『これがわたしの辞表パンチ』を食らわせ、ザイアを辞めたw

 

メチャメチャすっとしたなぁ。

 

・・・・・

・・・

 

ラブチャンはというと・・・

自身がスポーツ選手になるという夢は叶わなかったが、コーチとして、

教え子をグランドスラムに導くことを新たな夢に、頑張っていくことを誓った。

 

そして、ザイアを辞めた刃唯阿は・・・まさかの滅亡迅雷に協力!?

 

次回に続く!!

 

ポイント

・天津垓ざまぁ!!

・不破さんつえぇなぁ

・イズちゃん今回も可愛すぎた

 

感想

刃唯阿がようやく天津垓から解放されて本当によかったですな。

あんなパワハラ社長、洗脳でもしない限り誰もついていかんやろw

 

■前回1話はこちら

仮面ライダーゼロワン ネタバレ 感想 1話

 

■前回33話はこちら

仮面ライダーゼロワン ネタバレ 感想 32話

 

■次回34話はこちら

まだ

 



-仮面ライダーゼロワン ネタバレ

Copyright© 仮面ライダーゼロワンネタバレ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.