気になる日々のニュースを取り上げて紹介! 炎上ネタからエンタメネタまで、ジャンルに囚われず、気になるニュースを毎日紹介していきます!

デキゴトナビ

https://www.waku-waku-work.com

ニュース

サイフ落とした沖縄少年に6万円貸した猪野屋博さんの話がイイ話と話題!

投稿日:

見ず知らずの少年にポンと6万円を貸すって、中々できんよね

沖縄工業高校2年の崎元颯馬さん17歳が、財布をなくして困っていた時に、

6万円もの大金を貸してくれた見ず知らずの男性を捜していた件で、10日午前、

本紙などの記事を見た本人から同校に連絡があったそうです。

 

その本人を名乗る男性は埼玉県のイムス三芳総合病院で勤める

脳卒中神経内視鏡センター長の猪野屋博さん68歳。

なんとお医者さんだったのだ!

 

ネットニュースを読んだ同じ病院の医師から伝えられたことで気付いたようです。

 

高校生も恩義を感じて、恩人を探していた点もいいよね。

そういうのが二人を引き合わせたんじゃないかな。

 

崎元颯馬さんがお金を返すために探していたことを知った猪野屋さんは

「捜してくれていることに感激して泣けてきた。信じていて良かった」

と涙を流しながら喜んだそうだよ。

 

少年を信じてたんだなぁ。

凄いことだよ。

 


学校から恩人が見つかったことを知らされた崎元さんも

「今すぐ連絡したいほど嬉しい。あの時の感謝が思いだされて胸がこみあげる」

と話したそうだよ。

 

近年稀に見る好青年じゃないか。

親の育て方なんだろうなぁ。

 

猪野屋さんは、母親が沖縄出身で、息子らも沖縄県内に住んでるため、

たびたび来県してたんだって。

 

今後の予定として5月20日から沖縄を訪れ、滞在中に崎元さんや

学校関係者と面談する予定だそうです。

 

「感謝の気持ちを伝えたい」と話す崎元さんは、

直接会ってお金を返し、「工業高校生らしく自作の品もプレゼントしたい」

再会を心待ちにしているそうだ。

 

絶望に打ちひしがれていた所を救われた人の気持ちなんでしょうね。

 

ポイント

・サイフを落とした沖縄工業高校2年の崎元颯馬さんが恩人を探していた

・5月10日午前に奇跡的に恩人が猪野屋博さんと判明!

・直接会ってお金を返したいという崎元颯馬さん

・これにはお金を貸した崎元颯馬さんも感涙



二人の物語

崎元颯馬さんと、恩人・猪野屋博さんが出会ったのは4月24日の早朝のこと。

崎元さんは伯父の葬儀で与那国島へ向かうため那覇空港に向かっていたが、

航空券代が入った財布を失くしてしまい、途方に暮れていたそうだ。

 

沖縄都市モノレールに同乗していた猪野屋さんは、うなだれている崎元さんに気付き、

「どうしたんだい?」と声を掛けて事情を知ったそうです。

 

彼が失くしたお金が6万円と聞き、猪野屋さんは(そんなにかかるのか)と一瞬、

疑問もよぎったそうだが、「あまりに悲しい顔なので貸すことは決めていた」とのこと。

 

とはいえ、6万円は大金だよね・・・

自分なら例え持ってたとしても、もうちょい別の手段を模索すると思うわ。

 

見ず知らずの他人だしなぁ。

 

猪野屋さんは空港駅のホームで6万円を渡し、身元も十分に確認しないまま、出発便へ急がせた。

 

普通だったらちゃんと身元を聞くのにね。

ここが凄いところだわ。

 


猪野屋さんは埼玉に戻り、知人らにこの出来事を話したそうだが、

「だまされたんだよ」と笑われたそうだ。

 

このご時世だしね。

自分もそう思ったかもしれんわ。

 

半ば諦めもあったが「俺は信じている」と思っていた猪野屋さん。

 

本日10日朝に同じ病院の医師からの電話で崎元さんが捜していることを知ったそうだ。

 

「やはり沖縄の人は優しいよ。涙が止まらなかった」と、

取材にも泣きながら話したそうだよ。

 

どんだけ優しい人なんだ。。

 

同日、猪野屋さんから連絡を受けた沖縄工業高校の赤嶺正一郎教頭は

「こんなに早く見つかり驚いた。崎元さんと一緒にお礼したい」と話したそうです。

 

まとめ

注意

・結局なくした6万円は出てきたのだろうか?

・そっちはそっちで誰かが猫ババしてたら、なんだか美談の裏で悲しい結末な感じはあるな

 

もしこれで失くした財布も届けられてたら、最高の美談になってたんだが、

失くしたサイフのほうはまだ見つかってないんだよね?

誰かが取ってしまったのかなぁ・・・6万円だもんな・・・

-ニュース

Copyright© デキゴトナビ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.